海が綺麗なエルニドinフィリピンへGO part6

エルニドに着いてから日本人のM君と街へ向かう。

 

 

ちなみにバンはエルニドタウンの海岸から少し山側の場所に止まります。

 

 

ただ歩いても大した距離ではないのでわざわざ乗り物にのるほどでもないです。

 

 

なんだかマチュピチュを思いますような山並みでした。

 

 

山に囲まれた曲がりくねった道を歩くこと10分くらい?にぎやかな街が見えてきた。

 

 

こじんまりとしてなかなかいい感じ。

 

 

ネットでも予約してないので地球の歩き方のホテルを参考にしばらく海辺のホテル街をM君と探していたが相場がよくわからないのでM君と別れて色々回ってみた。

 

 

代替1000ペソから1200ペソでエアコンがついていたり清潔であったりする部屋があるようでした。

 

 

しばらく色々回って1000ペソの部屋にやっと決めた。

 

 

7時にM君と晩御飯の約束をしてたので急いで向かう。

 

 

無事合流して晩御飯の場所を探した。

 

 

海辺のシーフードはいい匂いがしてくるが結構値がはるのでやめて、ローカルっぽい少し海岸から離れた店に入ることに。

 

 

単品をいくつか選ぶスタイルの店に入店。

 

 

ムール貝みたいなのと豚肉煮込みとライスを頼んだ。

 

 

あとは焼き鳥みたいなやつ。これが意外とうまい。

 

 

結構シンプルな食事だけどこれでおなか一杯に。

 

 

占めて500円くらいでしょうか。

 

 

そのあとビールを飲みに行くことに。

 

 

50ペソでビールが飲めるカフェ?を見つけたのでそこに入ることに。

(アートカフェがある道をさらに少し進んだところにあります)

 

 

客はあんまりいなかったけどエルニドでは安くてWi-Fiもつながるのでいい感じ。

 

 

M君とビールを飲みながら旅話に花が咲く。

 

 

M君は大学生ながらすでに20か国くらい旅をしていて旅慣れしている感じ。

 

 

僕も行ったことのないところへも行っていたいりと若いのにすごい経験値。

 

 

旅話で盛り上がりビールも飲んでいい感じになり楽しい時間は過ぎていったのでした。

 

 

帰りにツアー会社に立ち寄って内容とか話を聞くことに。

 

 

A、B、Cコースとあってラグーンに行ったり、ビーチに行ったりと少しずつ違うもよう。

 

 

一般的におすすめはAとCのようです。

 

 

そして、この日に行った代理店ではAとCをミックスしたコースもできるとのことです。

 

 

ツアー代金ですがAが1200ペソ B:1300ペソ、C:1400ペソです。

 

 

ここにプラス島に入る環境保護税?みたいなのが200ペソかかります。

 

 

M君はミックスコースを申し込んだのですが、僕は翌日天気が悪そうなので様子を見ることにしました。

 

 

結局あとあと考えてこれは正解でした。

 

 

エルニド1日目はこうして過ぎていくのでした。