海が綺麗なエルニドinフィリピンへGO part5

プエルトプリンセサでフィリピン1日目の夜は比較的よく眠れ目が覚めた。

 

 

朝食付きで、朝食は4階あたりにあるらしいので上へ。

 

 

本日は快晴なり。

 

 

昨日は真っ暗で何も見えなかったが、緑に囲まれて遠くにも海が。

 

やっと海外に旅行に来た実感がわき始める。

 

 

朝食はちょうどいいくらいの量で、パンがとてもおいしかった!

コーヒーを飲みながら少し南国独特の蒸し暑さを感じながらも今年の日本の夏よりははるかにましだなーと思った。

 

 

少し写真を撮って部屋に戻って準備をしていると急にザーッという音が。

 

あれっ?何の音?と外を見ると雨、しかも土砂降り。

 

 

こんなに天気が変わるのが早いとは。

 

 

歩いて両替所に行って、そこから空港にいこうかと思ってたけど無理に。

 

 

しばらく止むのを待ってたけどいっこうにやまず。

 

 

しょうがなく宿から空港までトライシクルを呼んでもらうことに。

 

50ペソでそれほど高くなかったので頼むことに。

 

 

雨は少し弱まりタイミングもよくトライシクルが来たのでいざ出発。

 

 

今回の旅、初トライシクルはやっぱりそれほど乗り心地は良くないけどやっぱり歩くより楽であっという間に空港へ。

 

空港に着くと、エルニドまでのバンのチケットを購入しにオフィスへ。

 

 

昨日言われてた通り500ペソ

 

 

11時半くらいに出るというので迷わず購入。

 

 

待ち合い室でまっていると日本人に話しかけられる。

 

 

大学院生で夏休み旅行とのこと。

 

 

色々情報交換や話もできるのでありがたい。

 

 

そしてしばらくたって出発。

出発したかと思うと、どこかによるらしく街の中を走り出した。

 

 

その先はATM、どうやら客のブリティッシュの若いお姉ちゃんたちがおカネをおろしたいらしいので銀行へ寄ったようだった。

 

 

そんなこんなでいざ出発と思うと、空港のほうに戻りだした。今度はどこへ?とおもうと

 

 

昼休憩みたいで、ローカル風の食事処へついた。ついでなので適当に注文して昼食をいただいた。

 

 

ごはんとスープと一品をいただいたがなかなかのお味でした。

 

 

今度こそ本当に出発。

 

 

車は一気に速度をあげ、怖いくらいの速度で走り出した。

 

 

周りの景色は自然がいっぱい。

 

 

天気は少し良くなってきてやっと南国感がただよってきた。

 

 

ちなみにバンは曲がりくねったりアップダウンの道をすごいスピードではしるので寝ていると窓にまぶつけます。

 

 

そんなわけで約5時間という長旅中、うとうとしながらも寝られずかなり長いなーという感情とともに車にのっていました。

 

 

冷房はきいているのでその点は快適でした。途中に休憩を一回はさみ5時くらいにエルニドにやっとつきました。