海が綺麗なエルニドinフィリピンへGO part4

マニラ空港に到着。

 

 

トランスファーと入国ありますがどっちだ?と悩みながら入国審査場へ。

 

 

国内線を別にチケット取ったから乗り継ぎ便ではないしなー。

乗り継ぎには変わりないからいけなくもなかったのかと今更ながら思います。

 

そんなこんなで無事入国して税関を通り外へ。

 

 

ここで重要なのが両替。

 

 

 

エルニドに行く場合、マニラ経由が多いと思いますので現地でするべきかマニラ空港でするべきの二択になると思います。

 

結論から言うとマニラ空港で両替がよいです。

 

私はターミナル3に着きましたがそのあと外に出て両替する場合、左に三件並んでますがそこは全てレート一緒です。

 

 

ちょっと離れて右にいって空港から出るとレートの良い両替所があります。

 

 

そこが空港周辺でレートがよく街とそんなに変わらないとおもわれます。

 

 

実際エルニドにいくなら街中と比べてもこちらがレートが良いです。

 

 

 

結論、エルニドに行く場合、マニラ空港第3ターミナルをでて右に出た両替所で両替しょう。

 

 

私はレートがわからなかったので小額にしましたがここが一番よかったです。

 

 

その後、国内線出発の第四ターミナルへバスを使って移動。20ペソです。

 

 

 

第四ターミナルに着きましたが正直めちゃくちゃ近いので歩きで行けるかも。

 

 

第四ターミナルに入るのにはチケットがいるのですがすでに期限切れてて入れなく、状況説明するとチケット代理店が来てチケットとってやるといわれたけど高くて断念。

 

 

 

結局、中に入ってエアーアジアで交渉すると言うと入れてもらえました。

 

 

アジアであるある。

必死に状況を訴えれば中に入れてもらえます。もうこの辺り熱意です(^^)

 

 

中に入ってエアーアジアカウンターへ。

 

 

状況説明するとやっぱりリブッキングが必要とのこと。

 

 

そして悩んだ末に、チケット取ることに。価格は五千円くらい。

 

 

まあ元々よりは高いけど直前にしては悪くなかった。

 

 

そんなこんなで出発間近の航空券ゲットしギリギリで乗り込む。

 

 

もう本当に出発まじかで呼び出しのアナウンスがされみんなが待っているところへ急いで乗り込むというバタバタぶりでした。

 

 

そしてすぐに離陸。

 

 

疲れていたので少しねていたらあっという間につきました。

 

 

着いたら入国審査も荷物受け取りもないのでそのまま出口付近へ。

 

 

ここで両替所があったけど両替しようか迷う。

 

 

手持ちはマニラで両替した1000円分のペソのみ。

 

 

さすがにこれだと翌日の移動代、食事代が不安なのでレートはマニラより良くないが2000円分空港で両替することに。

 

 

レートは1円=0.467ペソ

 

 

両替をすまして町まで行く手段をどうしようかとインフォメーションセンターできいてみた。

 

 

「街まで歩いて行けますか?」

 

 

「いけるわよ、そこを出て左にまがって」

 

 

「エルニドへのバンはいくらくらい?」

 

 

 

「500ペソでいけるわよ、そこをすぐでたところから」

 

 

というわけで明日空港からエルニドを目指すことにほぼ決定。

 

 

ひとまず歩いて街へ向かうことに。

 

 

地球の歩き方だと近いのですが、これが意外と距離があって、しかもアイフォンの方位計が明らかにおかしくて若干迷子になりながら地図と通りの名前などを見比べながら街へ向かいました。

 

 

街灯が少なくて若干暗いけど空港から街まではそれほど危ない感じはしなかったです。

 

 

途中でWi-Fiを拾うべくレストラン?へ。Wi-Fiできるというからはいったが結局つながらず、とりあえずビールと食事をして一休みし、店員さんに道を聞いて再び歩き出す。

 

 

 

しばらく歩くとマックや目印がいくつか見えてきてやっと場所を確認。

 

 

地球の歩き方とブッキングドットコムで調べて良さそうなところを目星をつけておりひとまずそこへ向かう。

 

 

 

しかし、途中から街灯が極端に少なくなりあんまり治安上よくなさそうだなーと道をききつつ何とかたどり着く。

 

 

 

今晩、シングルあいてるか,運よくあいてて価格も手ごろだったのでチェックインに決定。

 

 

 

やっと長い一日が終わる。この時10時。

 

 

 

飲みに出かけようと思ったけど疲れ切っていたのでそのままシャワーを浴びて就寝。

 

 

 

プエルトプリンセサ1日目はこんな感じで過ぎていきました。