海が綺麗なエルニドinフィリピンへGO part3

2018年夏

 

 

旅行2日目。

 

 

 

成田のホテルで目を覚ます。

 

 

 

6時起床確か7時に集合だったよなーと思い出しゆっくり準備。

 

 

壁は薄いし廊下の音は丸聞こえであまりねれず。

 

 

 

ロビーに降りると誰もいない。

 

 

 

バスはホテルの駐車場に停まってると思いきや、駅に違いバス停に停まっておりそこまで急いで走る。

 

 

ほぼみんな揃ってる。

 

 

 

急いで乗り込む。

 

 

 

10分くらいでみんな揃い出発。

 

 

成田空港に8時前着。

 

 

 

カウンターにはすでに列が。

 

 

 

そこから1時間くらい待って、カウンターでチケット手配。

 

 

 

並んでいるときに、同じ境遇のペルー出身の方と色々話しました。

 

 

茨城県に住んでいて友達がフィリピンにいるので遊びに行くらしい。

 

 

日本には中学生から住んでいて日本語ペラペラで英語苦手というまさに日本人のようでした。

 

 

そんなこんなでカウンターまでたどり着きスタッフと話しました。

 

 

「昨日、乗り継ぎ先での対応は相談ください、っていわれたんですが。。」

 

 

 

「あー、ほかの航空会社ですか、行った先での補償は対象外になります」

 

 

 

「昨日、明日言ってくださいっていわれたから日程変更もしてないんですけど。。。」

 

 

「遅延証明書は発行できます。後日こちらへ電話してください」

 

 

 

「電話かけてもつながらないんじゃないですか?今その証明書発行してもらえますか?」

 

 

 

「今は難しいですね」

 

 

難しいらしいのでひとまずチケットを発券してもらおうとすると、フィリピンエアーに乗っていただきますので後程あちらのカウンターで手続きください、と言われました。

 

 

普通の航空会社に乗れるのは不幸中の幸い?かと思いながら手続き終了。

 

 

その後、ペルー人の方ともう一回話すと、いやー補償してもらったほうがいいですよー、とか言われるのでもう一回別のスタッフに言うと、保証はできませんが、遅延証明書はすぐに発行します、とのこと。

 

 

おいおい、さっきの人と言ってること違うし。

 

 

しばらく待って意味があるかわからないけどひとまず発行してもらいました。

 

 

その後、バウチャーを朝、昼食分もらったので食事へ。

 

 

色々見たけど寿司を食べることに。海外前の最後の寿司をかみしめる。

 

食べ終わって、今度はフィリピンエアーのカウンターへ。

 

 

行くとかなり人が並んでいました。先ほどのペルーの方が列に入れてくれました。

 

 

でもしばらくたつと、セブパシフィックからの方はこの列違います、と別の列に並ばされる。

 

 

それからかなり待ってやっとチェックイン。

 

 

マニラからパラワンまでのチケットも手配できませんか?と言ってみたが無理でした。

 

 

しょうがないのでマニラまでのチケットを受け取る。

 

 

そのあとは昼食をまたバウチャーで。

 

 

今度はてんぷら。すっかり日本食三昧。

 

おいしくいただいて、今度こそ出国手続きしてゲートへ向かいました。

 

 

無事時間通り離陸しやっとマニラへ。

 

 

ディスプレイとか特になくて退屈でしたが疲れたので寝て食事してビール飲んでたらあっという間に着。

 

 

久しぶりのマニラに上陸。