ボリビアのウユニ塩湖で鏡張り写真を撮ろう!

近年、メディアやネット等で取り上げられるようになって脚光を浴びているボリビアの観光地、ウユニ塩湖!

 

 

まだまだ一般の人にはそれほど知られていないようですが、旅好きの人にはかなりメジャーで一度は行ってみたいスポットになってきています。

 

 

ウユニ塩湖とはボリビアにある100km四方の塩の湖で雨季に水がたまると水面の反射により地上のものが鏡に写り込んで地平線を境に上下にシンメトリーな光景を映し出します。

 

 

 

実際に風がなく澄んだ水面で写真を撮って現像すると上がどちらかわからなくなるくらいに綺麗に景色を映し出します!

 

 

そんなウユニ塩湖、是非行って見たーい、となるんですが。

 

 

 

しかーし、マチュピチュ同様遠いんですよね。

 

 

あとは鏡ばりが綺麗に見えるのは雨季の2月、3月と言われており、シーズンも限定されます。

(実際は少しずれ込んだりもします)

 

 

 

学生の長期休みや卒業旅行なら行けそうですね。

 

 

仮に将来休みをとれて行けそうな人、行きたい人のために行き方を少し説明します。

 

 

日本から直行便はないのでアメリカ経由等で行くことになります。

 

 

ペルーとセットで行くと、クスコ→ラパス→ウユニを飛行機を乗り継いで行けます。

 

 

ボリビアだけならラパスまで国際線で行き、そこからウユニまで飛行機が一般的でしょうか。

 

 

お金を節約したい場合、陸路もあるようですが時間がない場合は空路をおすすめします。

 

 

正直それほど高くありません。1万円くらいだったかな。時期にもよります。

 

 

私の場合は現地についてからネットで2日くらい前に予約しましたがとれました。

 

 

オフシーズンだったからでしょうか。

 

 

ウユニにつくと基本的にタクシーか何かで町まで行く必要があります。

 

 

一人旅で節約したい場合は適当に一人旅の人を捕まえてシェアするといいでしょう。

 

 

街につくとホテルにチェックイン。

 

 

田舎なわりに宿の数が限られるのでホテルの値段は安宿にしては高めです。

 

 

水の出はよくないかも&お湯がぬるいかもしれません。

 

 

チェックインしたらツアーをもうしこみに行きましょう。

 

 

日本人は水があるところを好むので日本人が多くいる代理店を選べば日本人と一緒になるでしょう。

 

 

1台チャーターする場合、誰かが最初に名前を書いてそこに次の人が名前を書いてという感じで7人くらいになるまで募集し最小催行人数になったらツアー決行。

 

 

人数が少ない場合はチャーター分を少ない人数でわるので割高になります。

 

 

7人くらいで一人20ドルくらいだった気がします。

 

 

それで時間になったら集合し、出発。

 

 

少しいったところで長靴をレンタルし、乗り込んで1時間くらい走って鏡張りスポットに到着。

 

 

ドライバーによって行く場所が違いますが、サービス精神旺盛で日本人の好みを知っているドライバーにあたるとラッキー。

 

 

あとは、現地でドライバーがみんなを並べてこういうぽーずとれ、あーしろ、と指導をうけまして写真や動画をとります。

 

 

その他自由な写真をとって思う存分堪能します。

 

 

朝と夜はめちゃくちゃさむい、ゆきがふってたりするので厚着必須です。

 

 

あとは昼間はサングラスと日焼け止め。

 

 

夜にやけいをとるなら三脚必須です。

 

 

ではいくつか写真をお楽しみください。